富士登山客のワクチン接種歴を確認する顔認証システム導入予定

投稿: 東京櫻花団/夏目&山竹

(画像は東京桜花団設計組によるものです)

6日、富士山登山客の新型コロナウイルスワクチン接種歴や体調を、顔認証システムで確認する実証実験を行った。早ければ2022年度に登山口に導入する。

スマートフォンの専用アプリに顔写真や健康状態、ワクチン接種記録、PCR検査の陰性結果を事前に登録。入山時、顔認証だけで本人確認し通過できる。マスクを着けたままタブレット画面に顔を近づけると数秒で認証が完了した。

入山手続きをスムーズにし感染拡大を防ぐ狙いという。

新型コロナウィルスが広がる当初から、スーパー、便利店、郵便局、市役所など人の出入りが多い公共の場は、出入口にアルコール消毒液を置く、感染拡大防止対策をとってある。飲食店、美容室などでは、お客さんが長時間に入るため、入店する前に、手のアルコール消毒と検温までの対策が行われている。新型コロナウィルスの影響で、人々の生活は新しいスタイルに変えっている。

日本だけではなく、他の国ではワクチンパスポート等新しい、厳しい政策で疫情の拡大を防ぐ狙いという「理由」で、ワクチン接種を強要している。

これからのワクチン接種を唱え、政府、会社、住む環境からのプレッシャーを耐えながら、爆料革命の仲間と一緒に新型コロナウィルスの真相を広がりながら、安全に暮らす事は第一の課題だ。

情報源

校正:東京桜花団/待命(文暁)
アップロード:東京桜花団/yuxingcao01

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments