米国高校が保護者同意得ずに生徒にワクチン接種

日本東京方舟農場
作者:北極
翻訳:林月清风

ルイジアナ州のある学校が保護者の同意を得ずに一人の16歳の高校生にコロナウィルス(CCPウイルス)のワクチン接種を行ったことがWVUE FOX 8で報じられました。生徒の母親がすでに訴訟を起こしています。

生徒の母親の話によると、先週オックスナー・ヘルス社は学校で行った移動式予防接種キャンペーンで息子(16歳)にワクチン接種をさせました。保護者の同意得ずに行ったこの行為に非常に憤慨し、訴訟を起こしたいと話しました。

訴訟代理弁護士のシェリー・マチュリン氏はWVUE-FOX8の取材に対し、学校側が保護者の許可なく未成年者にワクチンを接種したことを批判し、オックスナード・ヘルス社と学校理事会の両方を被告に訴訟を起こすことにより、ルイジアナ州の全市民に注意を喚起したいと述べました。

(写真はインターネットから)

オオックスナー・ヘルス社のチーフ・メディカル・オフィサーであるロバート・ハート博士は、書面声明の中で未成年者は保護者の許可なしにワクチンを接種すべきではないことを認め謝罪しました。

同校理事会のスポークスマンであるパリス・ヴィネット氏も事件を徹底的に調査すると述べました。

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments