秘訳オンライン:カナダ・BC州の2人の女性がワクチン・パスポートに対する憲法上の異議申し立てを行う

翻訳:待命(文暁)

(画像はsina.comによるものです)

10月15日付のグローバルニュースによると、BC州の女性2人が、検事総長と保健省を相手に、ワクチンパスポートに対する憲法上の異議申し立てをBC州最高裁判所に提出しました。

裁判資料によると、サラ・ウェブさん(39歳)は、今年5月に1回目のC.C.V.ワクチンを接種した後、疲労感、不整脈、激しい痛み、発疹などの副作用に見舞われ、6日後には救急室で治療を受けなければならない状態になってしまいました。抗生物質による治療を受けた後、翌日さらに合併症が発生したため、別の病院を受診したところ、医師から「2回目のワクチンを接種してはいけない」と言われました。また、メープルリッジに住むリー・アン・エリアソンさんは、主治医から副作用の危険性がある病歴を理由にワクチンを接種すべきでないと言われました。

司法長官も保健省も、この裁判に対する回答をすぐには得られませんでした。 しかし、電子メールでは、「私たちの州と州の保健当局は、BC州の住民の憲法上の権利と自由を十分に尊重しています」「現在進行中のCOVID-19パンデミックがすべてのBC州の住民に与える影響に対処し、緩和するために必要な措置をとっています」と記されています。 ワクチン接種証明書の問題は裁判で争われる可能性があるため、これ以上のコメントはできません。”

彼女たちはどちらも予防接種の免除書を持っています。 しかし、この請願書によると、各医師は、政府も各州の医師会も、このような手紙の書き方や記載すべき情報についてのガイダンスを提供していないことに懸念を示しています。 BC州司法長官や保健省が、ワクチンパスポートの公報を発行する際、あるいはワクチンパスポートを作成する際に、このような人たちを考慮したという証拠はありません。

2人の女性の代理人である弁護士のロバート・ホークス氏は、金曜日に、自分のクライアントはお互いに知らないし、「反ワクチン」でもないと述べています。家族の中で一人でもワクチンを接種できない人がいると、サービスへのアクセスを断たれたり、旅行を禁止されたり、職場でのワクチン接種義務化により雇用の地位を失う事態に直面したりして、実際に困難な状況に陥ることがあります。

カナダは極左の国と言われており、ワクチンパスポートをいち早く全国に導入した国でもあります。 今回の最高裁への申立ては、政府にワクチンパスポートの無条件解約を求めるには程遠いものですが、何と言っても国民による政府への法的挑戦の第一歩なのです。私たちが持つべき基本的人権のために立ち上がって戦う人々が増えることを期待します。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Oct. 16