GETTR現場直撃:世界で初めて新型コロナウィルスワクチン接種に対する国賠請求訴訟が日本で開廷

記者:無色有香、NANA、小林
作者:文順
翻訳:流水

10月12日早朝、東京地方裁判所民事部で世界初の新型コロナウィルスワクチン接種に対する国家賠償訴訟が開廷し、新中国連邦日本方舟農場GETTRチームが現場を追跡取材した。

この訴訟は菅義偉首相、加藤勝信官房長官、厚生労働大臣、新型コロナ対策・健康危機管理担当大臣、ワクチン接種推進担当大臣等の政府閣僚を相手として訴えたもので、被告が「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下「感染症予防法」という)に基づいてCCPウイルスを指定伝染病に指定した政府命令は取り消す必要があり、「新型インフルエンザ等感染症」と定義する決定を取り消し、被告がCCPウイルスを伝染病として扱わないように求めてる。

この訴訟では、被告がファイザーワクチン、アストラゼネカワクチン、武田薬品工業の特別承認を取り消すこと、原告などがこれらのワクチンを接種する義務を負わないことも求めている。

さらに、この訴訟では被告に、PCR検査でCCPウイルスに感染しているかどうかを判断するのを止め、ワクチンパスポートとCCPウイルス陰性証明書の発行はせず、各原告に30万円づつ支払うことを要求している。

法廷には、日本反ワクチン訴訟支援会がワクチン被害者を代表し出廷した。 裁判の前夜、宇川和久会長はGETTRのインタビューで、会は全国のワクチン被害者に法的支援を提供する義務を持つとし、「日本のワクチン被害者は、声を上げる場所がなく、今、孤立し助けが無い状態だ」と述べた。

これは、世界中の人々の心に影響を与える世界初の新型コロナウィルス被害者による国家賠償訴訟であり、日本の人々も非常に注目している。方舟農場GETTRチームの現場記者からの情報によると、現場には大勢が集まり抽選で選ばれたものだけが法廷に入り傍聴したが、大勢の人々が外で雨の中傘を差し、法廷の結果を待った。

注:本文は作者の観点だけを代表し、Gnewsとは関係ありません。

参照リンク:

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments