【新闻访谈】「ワクチン接種の個人の選択」を堅持し、ロサンゼルス消防士が政府を訴えます。

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

10月10日、米ロサンゼルスの現地メディアによると、現地の消防士アンドレさんは他の871人の消防士と連名で、弁護士を通じてロサンゼルス市政府を起訴する告知文書を提出しました。事件の発端は政府が消防士に10月20日までにワクチンを全部接種しなければならないと警告しました。消防士が接種するかどうかは自分の選択だと主張して、裁判所に一人当たり200万ドルの賠償を要求します。消防士たちは言った:ワクチンの接種だけでなく、人権や法的手続きにもかかわる問題だ。

郭文貴先生はこのことについてコメントしました:ロサンゼルスで発生したこのような消防士が失われる状況は、全世界の電力、病院、警察などの公共分野で発生することになりました。各国政府は無数の訴訟や社会公共災害など巨大な社会問題に直面するに違いない。これはウィルスとワクチンがもたらした人類の社会秩序の壊滅的な災難です、そして、完全に邪悪な勢力と中国共産党の計画の中にあります。新中国連邦だけは2020年1月に世界に警告を発した、つまりワクチンは本当の災難です。世界が一日も早く目が覚めたら、新中国連邦はこのために最後まで奮闘します。

(本文は作者の観点を代表するだけ)

参照リンク:坚持个人疫苗接种选择,洛杉矶消防员将起诉政府

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments