世界へ新たな希望をもたらす新中国連盟

著者:ニューヨーク香草山農場健身部 – 幸福鳥

10月4日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の麻酔科医であるクリス・リック医師は、コロナウイルスに対する強制的ワクチン接種に強く反対したため、当該大学のメディカルプラザから連れ出された。彼はまた、ワクチン接種を拒否し、接種免除の申請をも出したくないため、無給休職せざるを得ない。ビデオの中で、「私は命さえも、すべてを失っても構わないと思っていますよ。」と彼は語った。米国では、数え切れないほどのクリス・リック医師のような医療従事者や教授及び他の自分の仕事を愛する人々は、強制的ワクチン接種のせいで、「ワクチンか仕事」のどちらかを選ばなければならない。

自由ビーコンの米国は倒れている。自由と人権を享受することに慣れている伝統的かつ誠実的アメリカ人にとって、この残酷な現実は大惨事だと言っても過言ではないであろう。しかし我々新中国連邦人は、米国の現状に失望、遺憾、悲しみを抱きながら、マイルズによって設立された新中国連邦のもたらす明るい未来を楽しみにしている!新中国連盟は世界の新たな希望である!

参照

https://twitter.com/sambraslow/status/1445571820174798854?s=21

アップロード:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments