一帯一路の十年間,ザンビアは莫大な債務が負って,経済が悪化し,社会動乱を引き起こした

通訳:MOS多言語チーム – 上天的使者

ザンビア財務.国務大臣は火曜日,政府の対外債務総額が144.8億ドルになった,以前の129.1億ドルの数字よりはるかに高い,予想を少なくとも12%上回ったと述べた。

過去十年間,ザンビアは主に中国(共産党)の”一帯一路”プロジェクトから多額の資金を借りて,道路や鉄道を含む大型インフラプロジェクトに資金を提供した。それ以来,債務危機は悪化し続けている,重い債務によって財政赤字を急上昇させ,インフレと食品価格が急騰し,社会動乱を引き起こした。

ザンビアは少なくとも中国(共産党)に66億ドル債務を負っていると聞いた。

昨年,ザンビアは新型コロナウイルス流行以来初のソブリン・デフォルト国となった。

今年8月,ザンビアの有権者は現職のエドガー・ルング大統領を辞任させ,反対派指導者のハカインデ・ヒチレマが圧倒的な優勢で当選された,アナリストは,これは有権者が高額な債務の経済に代価を払うと望まないという体現だと言った。

中国共産党の一帯一路は発展途上国に莫大な債務を引き起こした,民衆は不満を抱いている!しかし,それに代価を払うのは両国民衆だ。

(本文は作者の観点を代表するだけ)

参照リンク:

一带一路十年,赞比亚债台高筑,经济恶化,引发社会动乱 – GNEWS

アップロード:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments