中国共産党の脅威に応えて,日米は年内第5回海上合同訓練を行った

通訳:MOS多言語チーム – 上天的使者

昨日,日本海上保安庁艦艇はアメリカ海岸警備隊と協力して,神奈川県横須賀市の横須賀港内で合同訓練を行った,合同訓練科目は”不審な船に対応すると仮想する”ことです。日本側は,今回の合同訓練の目的は中国共産党が東シナ海、南シナ海海域でますます強化する軍事脅威に対応する為,日米双方は自由で開かれたインド太平洋地域概念を推進し,そしてその海域における軍事及び準軍事協力を含む双方の協力を強化することを明らかにした。

中国共産党は20年間の発展を経て,近年軍事力拡大と行動を続け,特に東シナ海/南シナ海水域で,これらの気勢激しく迫る行動はすでに世界各国の注目と連鎖反応を引き起こした,各国間の中国共産党の脅威に対する同盟、軍事演習と訓練は前例のない頻度です,今回の演習はすでに日米の実施した今年第5回海上合同訓練となった。

(本文は作者の観点を代表するだけ)

参照リンク:

应对中共威胁,日美举行年内第5次海上联训 – GNEWS

編集:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments