最新の文書はSars-Cov-2が中国共産党製の生物化学兵器であることを再確認しました

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

元米国務院Sars-Cov-2出所調査員のデヴィ·アイツは先週、フォックスのインタビューを受けた時、プライベート研究グループDRASTICの最新文書によると、Sars-Cov-2は確かに武漢ウイルス研究所から来ていましたと言いました。

ウイルスの遺伝子配列中のフリン酵素カットポイントは、コウモリからヒトにウイルスを効率的に感染させる。アイツは米国がSars-Cov-2のすべての遺伝子の断片を握ったと言いました。

武漢ウイルス研究所のパートナー、ピーター・ダサキ氏が率いるニューヨーク生態健康連盟は、2018年3月にコウモリの冠状ウイルスの機能強化研究を申請しました。大量破壊兵器への懸念から、米国防省の高級研究計画局(DARPA)はその申請を否決した。しかし、中国共産党は、そのウイルスの発病性を高めるための研究を支援する資金を提供しています。

また、アイツはコウモリ、サンドウィッチ、ヒトソース化ハムスターの機能強化によって、中国共産党の研究者がCOVID-19のような他のスーパーウイルスを作ったとも述べていました。これも郭文貴先生が以前述べたのを証明しました。

参照リンク

最新文件再次证实,新冠病毒就是中共制造的生化武器 – GNEWS

編集:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments