ショーン・ブルックス博士:mRNAワクチンを接種した人は半年から3,5年以内に亡くなる

まず,ワクチンを接種後,免疫システムの機能は35%低下し、それ以外,抗体依存性増強はサイトカインストームによる、臓器不全を引き起こし、最後に血栓症になる。