「前海経済区」:中国共産党はドル経済に向けての3本の矢です

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

中国共産党の国務院は9月6日に『前海深港「現代サービス業協力区(以下の略称は「前海区」です)改革開放案」を全面的に深化させる』の書類を下しました。それは「前海区」の総面積を14.92平方キロメートルから120.56平方キロメートルに拡大するの計画です。郭文貴先生は9月12日の生放送でその意味を説明しました:これは中国共産党の人民元の国際化の第一歩であり、必要なステップでもあります。中国共産党は3つの目標を達成しようとしています、つまりドル経済に向けての3本の矢です。

まずは、香港の不動産業の「四大破廉恥」家族を支配する、香港の不動産業利益をいくつか国を盗むの家族に集中し、香港の財産を略奪し、利益を再分配する。蛇口、珠海、深圳などを香港に入れる、香港の金融システムを併合すると、香港の不動産は自然に値下がりします。次に、「前海区」で数字人民元を強制的に推進し、香港元を徹底的に廃止する。最後に、香港で数字人民元の国際取引が行われ、ドルの代わりに徹底的に行われています。その前にサウジアラビア、イラン、クウェートは全部中国共産党に従った。

参照リンク

前海经济区:中共射向美元经济的三支穿心箭 – GNEWS

アップロード:小鹿  

もっと情報りたいなら、私達注目してさい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments