秘訳オンライン:ジェイソン・ミラーのブラジルでの短期拘留は政治的な茶番劇である

翻訳:待命(文暁)

(画像は本記事のリンクによるものです)

言論の自由に焦点を当てたソーシャルメディアプラットフォームGETTRの最高経営責任者であるジェイソン・ミラー氏は、ブラジル最高裁判事アレクサンドル・デ・モラエス氏が率いる2つの「秘密捜査」の一環として、火曜日にブラジルの空港で拘束されたと述べ、この事件を「政治的報復」と呼んでいると、フォックスニュースが9月8日に報じました。

ブラジル保守政治行動会議(CPAC)にスピーカーとして出席した後、ブラジリア空港で3時間拘束され、尋問を受けたという。 “私は逮捕されていないと言われましたが、彼らはただいくつかの質問をしたかったのです。” ミラーは、ブラジルのボルソナロ大統領と最高裁判所の間には緊張関係があったと説明しています。ワシントンポストによると、ここ数週間、デ・モライスは、誤報に関する全国的な調査を事務所が監督する中で、複数のボルソナロ支持者の逮捕状に署名し、逮捕しました。

ミラーは、ブラジルでGETTRに協力してくれた人の名前を教えてほしいと言われた。 GETTRは、大統領の2人の息子であるEduardo BolsonaroとFlavio Bolsonaro、そして大統領自身を含む、約25万人のブラジル人ユーザーを魅了しています。ミラーはフォックス・ニュースに対し、ブラジルのGETTR社で働く従業員の身元を明らかにしなかったと言う。

また、1月6日に行われた連邦議会議事堂への突入についても質問され、ミラーは「我々は7月4日にスタートしたばかりだぞ GETTR、なぜ1月6日のことを聞くんだ?

ミラー氏は、「我々は表現の自由を支持しているので、これは政治的な報復である。 彼は、このドラマが「最高裁と大統領の長年の確執」に関連しており、大統領は彼を「絶対にブラジルに帰らせない」ようにしていると考えています。 ボルソナ大統領は、アレクサンドル・デ・モラエスの動きを「ブラジルの恥」と言った。

ミラーは、ブラジルとブラジル人、そしてGETTRのユーザー層については、いくら高く肯定的な評価をしても過ぎないと言います。表現の自由は、アメリカだけでなく、世界中で現実的な問題となっています。 この後、何か違いがあれば、彼は今まで以上にやる気になっている。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Sep. 09