ファウチは論争のある武漢ウイルス研究所を援助した

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

イギリス毎日新聞が伝えました:『武漢に何があったのか:隠蔽、陰謀、秘密研究』という新書が、米国国立衛生研究院と中国共産党国家科学基金会は武漢ウイルス研究所のコロナウイルス研究の主な助成者ですと暴露しました。

圖片:AFP

その本によると、2018年3月に、米国の職業外交官スウェイと米国の総領事フォースが武漢研究所を訪問した間、彼たちは武漢ウイルス研究所が「安全対策がよくなく、米国の監督がいないの研究所」であることを発見しました。スウェイはその後、4月に米国務院に送った電報で、福奇が率いる米国国立衛生研究院(NIH)がどのようにその研究所の研究(中に冠状ウイルスの実験が含まれていました)を支援したかを明確に説明しました。スウェイは説明を補充した、2017年、武漢ウイルス研究所は米国国家衛生研究院(NIH)、国家科学基金会、ガルビストンにあるテキサス大学医学部の専門家の訪問を受け付けた。ガルビストン分校は武漢ウイルス研究所の技術者も養成しました。CCPウイルスが大流行する前に、世界で唯一二つの実験室が冠状ウイルスの機能強化実験を行いました、武漢ウイルス研究所はその中の一つです。しかし、これは米国がその研究を停止した1年後に始まった。

参照リンク

美国现金资助有争议的武汉病毒实验室,该实验室致命病毒研究得到福奇支持 – GNEWS

アップロード:小鹿  

もっと情報りたいなら、私達注目してさい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments