欧州議会外部委員会は圧倒的にヨーロッパ-台湾関係報告書を通して、台湾駐在機構の正名「台湾」を提案しました

翻訳:香草山農場 – 霍比特人

9月1日、欧州議会外交委員会は60票の賛成、4票の反対、6票の棄権で、圧倒的に「EU-台湾政治関係と協力」報告を承認しました。この報告書は、欧州連合の執行委員会は中国が台湾及び印太地区に対する重大な軍事的脅威に対処するように行動することを提案していた。報告は台湾との二国間投資協定交渉を準備するため、EUに二国間投資協定の影響評価を展開するようと呼びかけました。また、ヨーロッパの経済貿易事務所を「EUの台湾駐在事務所」と正名することを提案しました。この欧州議会史上初めてのEU-台湾関係報告書は強いメッセージを送りました:台湾はEUの重要なパートナーと盟友で、EUは台湾との全面的なパートナーシップを強化しなければなりません。次に、この報告書は欧州議会全体で採決されます。

参照リンク

欧洲议会外委会压倒性通过欧台关系报告 建议驻台机构正名台湾 – GNEWS

アップロード:小鹿  

もっと情報りたいなら、私達注目してさい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments