ワクチン接種が強制された場合、160人のサンフランシスコの警察官が退社する

翻訳:待命(文暁)

画像の出処: https://freewechat.com/

Zero Hedgeウェブサイトが8月8日に報じたところによると、警察組合は先週の金曜日に、多くの警官が新しいワクチン接種義務規定の下で、前倒して退職するか、新しい仕事を見つけるかをしなければならないと 警告しました。

サンフランシスコ市は最近、市の職員はワクチン接種をしなければ解雇されると発表しました。 市には35,000人の従業員がおり、宗教上または医療上の理由で義務を回避することができますが、ワクチン接種を希望せず、正当な理由がない場合は解雇されることになります。サンフランシスコ警察協会は、Facebookに「ウイルスに対する安全対策を支持するが、この規則によって、約160人の警察官がワクチン接種を望まないという理由で解雇されることになります。」と投稿した。

警察協会には700人の人がいますが、そのうち160人はワクチン接種を希望しておらず、ただでさえ人手不足の状況で、これほど多くの退職者を出すわけにはいけません。

サンフランシスコ市長室の人事責任者であるカルロ・イソン氏は、”今回の決定は、従業員と私たちが奉仕する市民の健康と安全のためである” と述べています。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

秘密翻譯組G-Translators

秘密翻译组需要各类人才期待战友们的参与: https://forms.gle/bGPoyFx3XQt2mkmY8 🌹 欢迎大家订阅 - GTV频道1: https://gtv.org/user/5ed199be2ba3ce32911df7ac; GTV频道2: https://gtv.org/user/5ff41674f579a75e0bc4f1cd Aug. 09