キーン将軍:米国は必ず台湾を守る

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

キーン将軍:台湾は、中共国本土に勝つほどの軍事力を持っていない

しかし、中共国に代償を払わせることはできる

世界の舞台で

数週間、或いは数日で台湾を占領するのは
難しいと相手に思わせること

なぜなら、彼らにはそれができないからだ

同時に、我々の同盟国、台湾の同盟国も

防衛に加わることになる

これが台湾への武器販売が
なぜ重要なのかという理論的根拠である

中共国本土に

やめておけ、攻撃を仕掛ける代償は巨大だと
明確なシグナルを送るためである

ホスト:日本はもっと攻撃的な武器を獲得し

地域の軍事力となるべきだと思うのか?

キーン将軍:ええ、完全にそうすべきだ

日本はそれを望んでおり

日本の首相や防衛省はそれを望んでおり

彼らはそれについて率直に話している

中共国本土の台湾占領を非常に心配している

中共国と台湾の戦争に日本が巻き込まれると考えている

この地域の全ての同盟国がこの考えを共有している

私自身、個人的に

台湾関係法の制約から撤退すべきだと考えている

台湾関係では米国が台湾を守ると公に宣言しないことを

規定しているので
この法律を遵守する理由は現状を維持することだ

しかし、中共国は既存の秩序を維持していない

彼らは長い間
台湾に対して威嚇、脅迫、破壊行為をしてきた

だから、米国は必ず台湾を守ると断言すべきだと思う

我々の立場を明確にした上で
この問題をこれ以上議論する必要はない

中共国側に対しては何の疑いもなく

抑止力が必要なのだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 山猫

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments