リック・ワイルズ牧師:郭氏は、中共が欧米で再び生物兵器を放出することを世界に警告

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

郭文貴氏は中国出身の愛国者だ

彼は共産主義が祖国から消えることを願っている

このために多大な犠牲を払った

知っての通り

中共はずっと郭氏を追いかけて殺そうとしてきた

郭氏は一「反共・滅共者」であり、現在米国内にいる

今週、世界に向けて

既に信頼できる情報を入手し

中共は今夏

米国に生物兵器の第二弾を放つとの警告を発した

はい、郭氏のこの警告に関する動画がある

郭氏は中国語で話している

視聴者の皆様

特に運転中にこの番組を聴いている方のために

英語の字幕を読ませてもらうので、

私の声が皆様には聞こえるが

本当は郭文貴氏のスピーチだ

今夏に起きる生物兵器攻撃と、

差し迫った台湾戦争についてである

そう、郭氏は中共が米国を

攻撃する前に台湾を攻撃すると言っている

一種の注意分散作戦として

台湾との戦争を通して周囲を攪乱させるのだ

(開戦すれば)誰もが戦争に釘付けだ

そうなれば、中共が米国で次の生物兵器を放っても、

誰も注意を払わないだろう

郭文貴氏が語った情報を聞いてみよう

もし、郭氏の情報が正確であれば

恐ろしくぞっとする

郭氏は、情報源からの話として

中共は、今夏から秋にかけ、

米国内で再び生物戦を仕掛けてくるという

更に、中共は、台湾を通じて米国へ開戦する

また、中共は現在、

全ての(在中共国)米国人を追跡している

それと米国の台湾防衛や中共国への反撃に

協力してくれそうな欧米人も

米国人や欧米人を一人一人探し出し、記録している

香港・中共国本土に住む米国人・欧米人が標的だ

携帯電話やパソコンを含めて監視されている

郭氏によれば、中共はその30万もの米国人に対して

ある事を計画しているという

12万人から22万人の米国人が中共国本土にいる

約50万もの米国人が、世界大戦の交渉材料になるのだ

中共は彼らを一網打尽にして

強制収容所に入れるかもしれない

その通り、中共は米国人を世界との交渉材料にしている

香港の現状を見て悲しくなった

香港はかつてとても美しい都市だったが、

中共がそれを破壊している


この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 煙火1095

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments