「中共生物兵器」に関する主要文書が開示された

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

中共国政府とその取り巻きは、

この1年半の間、

「武漢研究所がウイルスの発生源の可能性がある」
という説は陰謀論だと主張してきたが

これは彼らの嘘である

我々は、ついにこの驚くべき文書を発見した

そこに書かれている内容は、

今まで読んだどの資料よりも恐ろしいものだ

特定の人種を標的にするため、特定のウイルスが
どのように兵器化されるかを論じている

これは中共国政府が国連に提出した公式文書で

ヒトゲノム計画の進捗状況が語られている

これにより、ゲノム上の

特定集団の遺伝子変異が分かるようになる

同時に、この研究は「人種間の遺伝子の違いを利用して

人種別の生物兵器を作ることも可能になる」という

文書によると、一旦敵が人種によって特定の

病原体に対する遺伝的感受性が異なることを知ったら

その知識を実践に移し

特定の感受性を持った人種を対象にした

遺伝子生物兵器を作ることができる

これを実現する方法の1つとして

病原性微生物の毒性を高めることが挙げられている

方法2:従来の薬やワクチンの効果をなくすことだ

方法3:対象となる集団を

病原性微生物の影響を受けやすくすることだ

文書によると、RNA干渉することで

体内の特定の遺伝子を不活性化し

体内の重要なタンパク質の発現を阻害して

生理機能を混乱させ、生物兵器攻撃の効果を高められる

また、方法4、生物兵器の攻撃を
よりステルス性を高めることを言及している

外来の遺伝子やウイルスを
遺伝子治療用のベクターを使って 

「無症状」で対象者集団に導入することで

生物兵器の攻撃を秘密裏に行うことができる

この文書の重大意義は

これは中共国政府が

国連の生物兵器禁止条約(BWC)に
正式に提出した文書である

この問題は、条約の今後の実施に影響を与えるものだ

この文書は中共国政府がこの会議に

提出した最後の詳細文書である

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 山猫

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments