英医学雑誌「ランセット」、自らの「動物由来説」をひっくり返す方へか

記事:日本東京方舟農場 風花雪月  

イギリスの医学雑誌『ランセット』(英語: The Lancet)は、新型コロナウイルス発生源について、2020年に発行された「自然から由来」を主張した手紙の内容を更新した。手紙に署名した学者の多くは、「ウイルスが自然由来なんてもう信じない」というのは大きな理由であるといた。

手紙に署名したニューヨーク市の微生物学者であるピーター・パレス氏は、「多くの情報がすでに明らかになった」と語り、ウイルスが動物由来説について、「もはや信じていない」とデイリーメールに語った。

『ランセット』が2020年に発行した手紙は、27人の科学者に署名され、コロナウイルスは動物から人間に自然に感染して広がったと主張している。一方、ウイルスが中国の武漢ウイルス研究所から漏洩したという説に対し、「陰謀論」と反論している。27人の署名者には、閆麗夢の上司であるマリック氏も含んだという。

『ランセット』誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つである。今回に手紙を更新して自らが以前に発表した観点を改めて見直す行為は、コロナウイルス真相が明らかになる時の責任逃れ対策だと見なされる。

参考网站

  1. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01377-5/fulltext?utm_campaign=lancetcovid21&utm_source=twitter&utm_medium=social

校正:kikkou文郎  发布:miumiu

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments