日本が台湾海峡の戦争に介入した場合、中国は日本に宣戦

作者:日本东京方舟农场 小李在大阪

元中共国空軍指揮学院教授、空軍大佐包明は、台湾海峡の情勢に言及し、米軍や日本自衛隊が台湾海峡へ軍事関与する場合の悲惨な結果を述べ、米日両国に以下の警告を発した。

第一に、米国が敢えて台湾海峡への軍事関与に踏み込んだら、日本、韓国の米軍基地を含む、アジア太平洋地域にあるすべての米軍基地は解放軍の長距離武器の標的にされる。

第二に、米国へ後方支援を提供する日本の基地は、戦闘部隊とみなされ、真っ先に解放軍に破壊される。

第三に、日本の自衛隊が米国の戦闘部隊へ護衛を提供した場合、解放軍は自衛隊を無差別に攻撃し、打ち破る

最後に、日本の自衛隊が台湾海峡の戦争に大胆に全面的に介入した場合、中共国は日本に宣戦し、台湾海峡の戦争を日本本土まで拡大させ、日本の自衛隊を一掃する。つまり、日本全土の軍事部隊と戦略目標はすべて中共国のミサイルの攻撃目標になる。

さらに、包明は以下のように強く語った。

中共国は対価を惜しまずに日本の戦力を破壊させる。日本人は身のほどを忘れるな!中共国であれ、米国であれ、自国が重大な打撃を受けたときには、強い日本が存在することを許すわけがない。米国がアジア太平洋地域で惨敗した場合、米国は必ず日本を戦争に引きずり込む。将来も日本を米国の軍事保護の下に置かれる。中共国が台湾統一戦争で失敗した場合、我々は必然的に怒りの矛先を日本にぶつけ、いかなる手段を駆使しても、日本を不具にする。現在の中共国はもう耐えられない。好戦的な日本がアジアに存在すること、日本の軍事力が再び中共国を超えること、これはアジア全体の災難になる。外交の場で「余計なお世話」と日本に警告するよりも、台湾海峡への日本の軍事介入と対等な反撃方案を明確に公表するほうが早い。日本人に思い知らせるのだ。中共国の統一計画を妨害した場合の悲惨な結果は、日本の負担できない莫大な対価になる。

世界からCCPウイルスの真相究明が求められている中、中共国は、台湾海峡で戦争を起こすことにより、世界の注意をウイルスから逸らせようとする。米日両国は、中共国の台湾海峡侵攻に備え、世界各国と協力して中国共産党を破滅させるべきである。

注:本文仅代表作者

参考链接:https://app.gettr.com/post/p13w1a


校正:文拓 发布:miumiu

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments