ビッグテックはCOVID-19起源に関する情報チェックは著しく一線を越えた

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

ご存知のように、ビッグテックの検閲問題について

すでに多くの意見があるのだ

COVID-19ウイルスの起源をめぐって何が起こったのか?

そして、ウイルスがどこからきたのか?

どのようにしてパンデミックになったのか?

それから、当時の米国大統領選挙でどんな情報が

伝えられたのか

そして、国民に伝えられたその情報の即時性或は

欠如についても疑問がある

ツイッターはある人のアカウント

中国出身のウイルス専門家(閻博士)のアカウントを

プロックした

当時、彼女は

これ(中共)が行っている機能獲得研究と言った

武漢ウイルス研究所はこれらのことを行っているのだ

(だから)中共に責任を追及しなければならない

ビッグテックの検閲制度は著しく一線を越えたと言えるだろう

我々は幾つかの提案があり

上院議員としてどのように提案を推進すべきか

そして、同じことを米国民の身に再び起こらないのを

確保することは私達がやるべきことだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments