孔子学院が間も無く終結するのか?

著者: ニューヨーク香草山農場健身部 幸福鳥

ご承知の通り、中国共産党は2004年に世界中に孔子学院を設立し始めた。表面的には、孔子学院はいわゆる互恵互利の原則に基づき、中国文化を広め、中国に対する世界の理解を高め、中国教育を普及させることを目的としている。しかし、実際には、それらは中国共産党が海外でプロパガンダを行い、あらゆる種類の情報を収集するための拠点である。現在、世界中約160の国と地域に約500の孔子学院が設置されている。近年、欧米の多くの国では、孔子学院の本当の舞台裏が中国共産党であるという認識が高まり、自国の大学に設置された孔子学院の閉鎖を公約している。報告によると、米国のキャンパスにある孔子学院の数は、2017 年の 100 以上から、今年 5 月の時点で 47 に激減し、50% 以上の減少率となっている。孔子学院を閉鎖する勢いが強まると見られる。最近、日本は欧米に倣い、孔子学院の調査と対応を準備し始まっている。

© 網路圖片

日本には、早稲田大学や立命館大学など14の私立大学がキャンパス内に孔子学院を置いている。日本の上院議員有村治子は、2021 年 5 月の上院会議で、孔子学院が「他国から安全保障上の脅威と見なされている」と指摘した。そこで有村上院議員はその後、日本政府の関係省庁が連携して孔子学院を監督することを提案した。

日本政府は、孔子学院を主催する大学が中国共産党のプロパガンダツールであると同時に、人的交流を通じて中国共産党に技術を流出させる経路になることを懸念している。従って、6月6日「日経アジア」の報道によると、文部科学省は、各孔子学院から、資金提供、参加学生数、大学の研究への干渉の有無などの情報提供を求めっている。更なる詳細なリストは、2021 年末までに正式に決定される予定である。萩生田光一文部科学大臣は、孔子学院について「欧米など共通の価値観を持つ国では、情報収集や廃止の動きが強まっている」と述べた。また、「組織運営や研究プロジェクトの透明性を高めるために、情報開示を求める。」と指摘した。

中国共産党は金銭また権力が無敵であり、世界を支配する扉を開くためのマスターキーであると固く信じている。 それ故に、中国共産党は、金銭的利益を餌として、主に先進国の大学に孔子学院の情報ネットワークを広めた。しかし、中国共産党の邪悪な性質が徐々に露呈するにつれて、その各分野に広がる浸透を意識し、歯止めを取ろうとする先進諸国はますます増えている。孔子学院は設立が頻繁に拒否されただけでなく、多くの閉鎖の可能性にも直面する。孔子学院は、舞台裏である中国共産党と同じように間もなく終結するであろう! 

参照:

日本据报将审查孔子学院 年底前校方需提供资金等信息 (rfi.fr)

アップロード:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい。

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Twitter (EN)

New York MOS Himalaya |Twitter (CN)

New York MOS Himalaya |YouTube

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments