ブリンケン長官、中共への制裁とウイルスの起源について語る

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

バイデン大統領は政府の全面的な審議を開始
真相追究を命じた

3月に予備審議を起動した調査による 
2つの可能性が浮かんできた
(研究所または自然界から)のどちらか

現在、大統領は政府全体において掌握した
すべての情報を90日以内に調査するようと命じた

専門家との協力を含めて正確な答えを見つけようとする

同時に、WHOにウイルスの起源に関する
第2段階の調査を行うよう要請した

ウイグル人と強制労働の問題について
強制労働で生産された製品が
米国に持ち込まれないように懸命に取り組んでいる

また企業側は知らずにウイグル人を抑圧する人の
共犯者にならないようにしないといけない

監視技術を含む技術を輸出する場合

皆の疑問に対してあらゆる方面に応えれるように努める
例えば、より柔軟で多元化サプライチェーンの構築

第二に、世界中の国々と協力して
人々にネットワークシステムにおいて信頼できる
サプライヤーが必要と理解してもらう

特にハイテクの5Gネットワークについて
法的な根拠を持つことが重要である

特に、経済的に敏感な分野や敏感な技術に関しては

Huaweiのようなベンダーとは
取引しないように警戒心を持つべきだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 山猫

+4
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments