素人の学習ノート——閆博士の論文(1、2)の要約(中)

作者:香草山农场教育部 霍比特人

前文に続く:

素人の学習ノート——閆博士の論文(1、2)の要約(上) – GNEWS



三・

上記の原因で、中国共産党の科学者はまったく存在しないいくつかのウイルスを偽造した、これを自然進化の理論の根拠にしようとした。紙幅に限り、RaTG13だけを例として拳ます。

RaTG13は、武漢実験室の“蝙蝠女” 石正麗が中国の雲南省の礦洞で発見したと言われています。2012年、何人かの労働者が肺炎で死んだという、そこで石正麗たちは調査に行って、このコウモリ冠状ウイルスRaTG13(以下では石ウイルスと呼びます)が発見されました。2020年1月20日と2月3日に、石正麗は『自然』で論文を発表しました、これがSARS-CoV2の起源だと主張していた。しかし彼女は嘘をつきました、このウイルスはまったく存在しません。石ウイルスとはどんな動物でもの中にはいません、そして生体サンプルもありません、データベースの一続きのコードだけです。証拠は以下のとおりです:

1・技術的な理由で、データをデータベースにアップロードする時、部分的に遅れがあります。これは変造者に虚偽のデータをでっち上げるの機会を与えたのです、彼はこのようにすることができます:まずデータを作ってテストに送ります、そしてデータとテスト結果に基づいて項目を作成します、この項目はすべての関係者に調べられましたことができますから、そのウイルスの存在の証となる。そしてその変造者はできるだけデータを調整し続けて、結果が満足できるまでテストを繰り返します。石ウイルスのデータは2020年1月27日にアップロードされ、2月13日に公開されましたが、5月まで延ばしてやっと試験結果を発表した、偽造の疑いが強い。

2・石ウイルスのサンプルは蝙蝠のアナルから採集したと言われていますが、その細菌の含有量は1%未満です。世の中にはこんなにきれいな便がありますか?

3・真核フラグメントのデータには、30%はキツネやリスなど他の動物に由来します、これは非常に不合理で、まったく說明できないことです。

4・石正麗は原始サンプルがなくなったと言っていますが、分離も回収もしていません。計算によると、これは不可能です。

5・労働者が死亡した臨床データは全く信じられません。さらに、彼らが肺炎で死んだかどうか分かりません。実は最初の資料によると、ウイルスが発見されませんでした、さらに、検死したことがありません。

6・なぜ石正麗たちは6回視察しましたが、結果は2020年2月まで発表されたのですか?2020年6月に誰かが発見しました、ウイルスデータベースに前にそのウイルスデータがもうアップロードされました。だから、石正麗は『自然』で認めざるを得なかった、2018年にもう遺伝子テストが完了しました。では、なぜ石正麗は結果が2020年2月まで、軍事ウイルスがSARS-CoV2のテンプレートですのが暴かれた後、発表されたのですか?これは非常に不合理で、まったく說明できないことです。

7・伝染病の爆発後、上海公共衛生臨床センターの張永振教授は「自然」に論文を発表し、石ウイルスの存在を完全に無視し、SARS-CoV2と軍事ウイルスの関連性と整合性を指摘しました。張教授の学識と地位を考慮して、石ウイルスが本当に存在すれば、彼は絶対に知らないはずがない。これは石ウイルスが偽物であることを証明するのに十分です。急いで 張教授の実験室は中国共産党政府に閉鎖されました、政府はまた、許可なしにはSARS-CoV2に関する論文の発表できないことを命じた。

8・石ウイルスは二つの蝙蝠細胞の受容体に受け入れられないことが研究で明らかになった。蝙蝠ウイルスは蝙蝠に感染しませんですか?これは非常に不合理で、まったく說明できないことです。

9・石ウイルスの遺伝子配列自体には異常な科学的矛盾の誤りがあります。この同義非同義解析表を見てください:

気を付けてください、上記に示されたように、S 2対応の44:1 はOrf1b対応の10.8:1よりずっと高い、でもこれは不可能です。Orf1bのほうが保守的で変異しにくいですから、これに対応するデータはS 2対応のデータより高いはずです。実際のところ、石ウイルスのデータが正反対。だから石ウイルスはうそであることを証明される。

石ウイルス以外に、中国共産党の科学者は他のいくつかの偽のデータもでっち上げた(穿山甲コロナウイルスなど)。それは全部2020年伝染病の爆発後に慌ただしく作られたものです、全部は偽りのデータです、ここでは詳しく紹介しませんね。


お礼申し上げます:校正——愛莉安娜


原文のリンク:

【战友观点】一个非专业人士的学习笔记; 闫博士的报告说了什么? – GNEWS

参考文献:

1. Unusual Features of the SARS-CoV-2 Genome Suggesting Sophisticated Laboratory Modification Rather Than Natural Evolution and Delineation of Its Probable Synthetic Route | Zenodo

2. SARS-CoV-2 Is an Unrestricted Bioweapon: A Truth Revealed through Uncovering a Large-Scale, Organized Scientific Fraud | Zenodo

プルーフリーダー:愛莉安娜 | アップロード:小鹿  

もっと情報りたいなら、私達注目してさい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya MOS TALK

New York MOS Himalaya Twitter (EN)

New York MOS Himalaya Twitter (CN)

New York MOS Himalaya |YouTube

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments