閻麗夢博士:中共は新型コロナウイルスの中間宿主であり、中共がなければ、新型コロナウイルスは存在しない

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

新型コロナウイルスの本当の親は2017年に

中共軍に所属した科学者が中国東部で発見した

中共軍が独占的所有する特殊なウイルスである

これは米国がこの新型コロナウイルスを
作れるわけがないと言える理由だ


米国は、新型コロナウイルスを作るための
原料(特殊ウイルス)を持っていないからだ


この原料でウイルスを作ろうとするのは
中共軍しかできない

中共軍は、新型コロナウイルスの本当の親である
特殊なウイルスを持っている
この本当のウイルスの親の元に


中共軍は多くの機能を改造した上
一つの機能だけではなく
多くの機能を特殊なウイルスに追加した


私は発表した3つのレポートで
科学的かつ情報的な証拠を示した


さらなる証拠を提示するつもりだ
だけど、昨年の1月19日に路德さんと私が

中共軍からのウイルスの本当の
骨格を明らかにしたとき


中共政府はパニックに陥った
彼らは


その時点で(もし)もっと多くの科学者が
指紋を検査するように
ウイルスの遺伝子配列を詳細に調べたら

問題がばれてしまうとわかっていた

中共は多くの科学者がウイルスの実験室起源について
議論することを心配していた

だから、私たちが(ウイルスの本当の親を)
明らかにした翌日に
RaTG13だ


(石正麗氏)彼らは、「(閻麗夢らが言ったウイルス)は
偽のウイルスの親だ」と言った


「(RaTG13)の方がサブウイルスに似ている」

「ウイルスの本当の親より

サブウイルスに似ている」など


彼らは(RaTG13)を基づいて
自然起源説を捏造し始めたのだ


彼らは、ウイルスの「おじさん」や

「おばさん」までも含む


偽の「(ウイルス)家族」を次々捏造した


そして、罪のない動物たちも非難し始めた


例えば、センザンコウ、アライグマ、タケネズミ等々


昨年、たくさんの動物の名前を覚えたのは


中共がかわいそうな動物たちを非難したおかげだ


皆様にこう言える
最初から路徳さんにも同じことを言ってきた


新型コロナウイルスの唯一の中間宿主は中共であり

中共がなければ
新型コロナウイルスは存在しない

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments