セリン博士は中共のウイルス製造と放出について語る

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

COVID-19は中共解放軍の監督下で

製造された生物兵器だ

終始軍事的なプロジェクトだった

責任転嫁の実現性を確保することは生物戦の基本原則だ

つまり病気の大流行を自然のせいにすることの実現性だ

COVID-19はその機能に当てはまるよう

に設計されている

私はこの出来事を

「漏洩」という言葉で表現するのをやめた

なぜなら「漏洩」は過失を意味するが

犯罪の意図はないからだ

中共は無実ではない、中共は科学と医学界を堕落させた

中共ウイルスがどのようにして

放出されたかは問題ではない

それは悪意を持った邪悪な計画の一部だったからだ

我々は中共の生物戦プログラムの構造と組織

及びそのプログラムがどのようにパンデミックに

繋がったのかを明らかにした

それは3つのレベルで構成されている

一つはコアレベルの秘密軍事面だ

このコアレベルは軍事医学科学院が統括する

いわゆる民間団体

例えば中国医学科学院や

中国疾病予防管理センターと連携する

そのコアレベルの上には

大学の民間研究機関や医療企業だった

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments