マリノウスキーは、北京冬季五輪をボイコットの名目で、ウイルスの真相を調査と言いながら、実は中共のために言い訳する

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

我々は情報機関から報告を受けている

率直に言って、妥当な説明は2つある

市場に出回っている動物か

実験室での偶発的な漏洩かのどちらかだ

我々の情報機関はまだ結論に至ってない

彼らは確信が持てないと

我々が永遠に分からないかもしれない

しかし実験室漏洩であろうとなかろうと

中共国政府がそれを隠蔽したことは確実だ

WHOをはじめとする

全ての独立機関が調査に入るのを妨げた

バイデン政権が

情報調査を加速させたのは正しいと思う

なぜなら将来にパンデミックの再発を防ぐには

真実を見つけなければならないからだ

あなたは中共国に圧力をかけたいと

最近、共同である法案を提案した

この法案は、2022年の北京冬季五輪のスポンサー企業と

連邦政府が契約することを禁止するものだ

あなたの共同提案者である

マイク・ウォールズ下院議員は

「COVID-19のパンデミックを

隠蔽することは理由の一つだ」と述べた

この法案はどのように

情報活動に基づいて真実を明かすのか?

私はこれが2つことだと思う

これはあくまでも新型コロナ問題の

もう一つの対処方法である

中共国の責任を追及したい

新型コロナの起源はどうであれ

間違いなく(中共国が)隠蔽の罪がある

もう一度強調するが中共国が隠蔽したのは新型コロナの

起源であり、新型コロナそのものではないだ

昨年の早いうちにウイルスのことは知っていた

結局中共国が言ったような風邪ではない

ヒドロキシクロロキンを服用すれば

夏までにはウイルスは消えるはずだった

再発防止のために事実を知る必要がある

しかし今回の調査をもって

我が国内での責任を免れるべきではない

オリンピックの件だが

ジェノサイドを犯した国でオリンピックを

開催するのは適切ではないと思う

だからある意味では

これは1936年よりも酷い

我々の法案はアスリートに

オリンピックをボイコットさせるものではない

この経験を失ってほしくない

しかしオリンピックのスポンサーとなれば

米国政府との契約ができなくなる

これで大会のスポンサーである米国の企業にも

圧力を与えることができるだろう

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments