【新中国連邦設立1周年記念】ローレンス・セリン博士は、新中国連邦の方々にインタビューするライブストリームを行いました

2021年6月3日の午後, ローレンス・セリン博士は、新中国連邦の方々にインタビューするライブストリームを行いました。6月3日は、多くの中国人が新中国連邦の建国1周年を祝っていいます。インタビューの中で、ローレンス・セリン博士は、中国の自由を求める中国人に、アメリカ人と協力して中国共産党を倒そうと呼びかけました。

セリン博士は、中国共産党がコロナウイルスのパンデミックを引き起こしたことを指摘しました。博士は、中国共産党の生物兵器計画を暴くために、中国共産党のウイルスの起源を見つけ出し、その邪悪な計画に貢献した可能性のある米国の協力者たちを特定するために、昨年から取り組んできたことを説明しました。博士は、反中国共産党の若い者たちの助力で中国語の文書と資料を解明することができたと述べまた。セリン博士は、これらの知的で献身的な中国の若者たちは、自由で成功した中国の未来を象徴していると信じています。

セリン博士とチームメイトは、CCPウイルスの起源について、CCPウイルスは実験室で作られたものであり、CCPの生物兵器プログラムの一部であると確信していると強調しました。また、セリン博士は、CCPの生物兵器プログラムに関する証拠が豊富にあると説明しています。例えば、ウイルス自体の構造などです。セリン博士は次のように述べています。”コロナウイルスにある人工的な改変は自然の進化理論で説明できません。” セリン博士は、中国共産党のウイルスが生物兵器であること、その作成が中国共産党の解放軍によって監督されていること、そして軍事プロジェクトであることに疑いを持っていません。

インタビューの中で、セリン博士は、「可能な限りの否認能力、つまり(コロナ)ウイルスの発生を自然のせいにできる能力を保持することは、生物兵器戦争の基本原則である」とも述べています。セリン博士は、CCPウイルスがまさにそのために設計されたものだと考えています。

また、セリン博士は、CCPウイルスはCCPの研究所から “流出 “したものではなく、CCPが “放出 “したものだと主張しています。それは、悪意を持った邪悪な計画の一部であって、CCPウイルスのパンデミックに関連して、中国共産党とは無関係ではありません。セリン博士と彼のチームは中国共産党の生物兵器プログラムの構造と組織を特定し、そのプログラムがどのようにしてCCPウイルスのパンデミックにつながったのかを聴衆に語りました。


著者: Grace 写真:熙

投稿者: 流光飞舞 文柯Miles 翻訳者: Totoro

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments