マシュー・ポティンガー氏: 中共国の良心的な科学者は、コロナ流行の初めに実験室から出てきたと疑ったが、中共がそれを沈黙させた

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

もし我々が中共国に行ったとしたら
我々が必要とする真実を見つけることができるだろうか

しかも中共の協力が必要だ

理由が何であれ、彼らは真実を隠蔽した

多分、彼らは自分たちがすでに真実を知っている
ことを国民に認めたくないのではないだろうか

彼らがやってることに多くの理由があるからだ

我々は本当に確定な答えを得ることができるのだろうか

できると思うが、90日以上かかるかもしれない

でも考えてみてください
もしウイルスが研究所から漏れたものであれば
中国の一部の人は知っているかもしれない

中共国には
多くの科学者がいることを我々は知っているのだ

中共国には優秀で良心的な科学者がおり

その多くはパンデミックの始めに
研究室からの漏洩ではないかと疑っていた

当初、武漢ウイルス研究所の(石正麗氏)の
最初の考えも

これは「私の研究室から漏れたのではないか」
とのことだった

したがって、彼らは中共政府によって
組織的に沈黙させられていた

今、全世界は、この情報が米国にとって
どれほど重要であるかを知っているのだ

米国が先頭を立てば、世界は追従するからだ

これはまた、中共国の多くの良心的な科学者に
道徳的な勇気を与える可能性があるだろう

彼らにとって、これは良心を測っていると思う

今度の調査の結果として、
より多くの情報が露呈すると思う

さて、ソビエトのチェルノブイリ事件ほど
処理に時間がかからないことを期待している

とにかく、元国家安全保障副補佐官である
マシュー・ポティンガーさん
インタビューに応じてくれてありがとうございます

ご意見を我々と共有してくれてとても感謝している

ありがとう、チャック

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 山猫

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments