パラグアイの指導者、中国のワクチン戦略を拒否

brazilian.report

脅迫には反対 パラグアイはどこからでもワクチンを購入することに前向きだが、外交上のしがらみがある場合はダメだとマリオ・アブド・ベニテス氏は言いました。

パラグアイのマリオ・アブド・ベニテス大統領は19日、COVID-19ワクチンの購入と引き換えに、いかなる恐喝や外交上の条件も受け入れないと述べました。

アブド・ベニテス大統領の発言は、先月、南米の国がCOVID-19の感染者が急増しているため、ワクチンの入手に必死になっていることから、台湾から中国に外交上の承認を変更するかもしれないというメディアの報道を受けてのものである。

パラグアイは台湾の15の外交同盟国の1つであり、南アメリカで唯一の同盟国です。特に2月にガイアナが台湾駐在員事務所の設立に関する台湾との合意を撤回した後、それは側を変えるという憶測が飛び交っていた。

台北の外務省がアスンシオン(パラグアイの首都)との関係を再確認し、他の友人と協力してワクチンの入手を支援し続けることを約束した後、アブドベニテス氏は声明の中で彼の政府はより多くのワクチンを購入するあらゆる可能性にオープンであると述べた。

しかし、「これらの交渉は、独立性と外交の自由の尊重の枠組みの中で行われなければならない」と彼は付け加えた。

「どこからでも問題なく購入できます。現在、ワクチン購入に関する恐喝は一切受け付けていません。外交関係に関するいかなる条件もなしに、中国の工場と直接取引することを望んでいる」と述べた。

パラグアイはインドの企業BharatBiotechと200万回分のワクチンを購入する契約を結び また、来週にはインドから寄贈された10万本のワクチンが届く予定だと彼は語った。

「私は、受け取るワクチンの量について楽観的です。年末または年の半ばまでに、パラグアイには十分な量のワクチンがあり、予防接種プロセスを進めることができると私は信じています」と彼は言いました。

WHOのデータによると、南米諸国では火曜日の時点でCOVID-19の感染が確認された患者数は25万165人、死亡者数は5313人、先週木曜日の時点でCOVID-19のワクチンが合計7万4340回接種されている。

外務省は、パラグアイ政府がさまざまな関係者の共同努力の下でCOVID-19ワクチンを受け取り続けるのを見て喜んでいると言いました。

外務省のジョアン・オウ(歐江安)報道官は声明の中で、「ワクチンへのアクセスは公衆衛生と人道上の問題であり、人々の生活に関わるものであり、政治的な駆け引きの道具になってはならない」と述べている。

ワクチンを取得するためのあらゆる種類の恐喝を拒否するのはパラグアイ政府だけでなく、台湾政府はまた、特定の条件を含み、台湾とパラグアイの関係を損なうことを目的としたワクチン供給に固く反対していると欧氏は述べた。

政府は、民主主義と自由を守るために、志を同じくするパートナーと協力し、パラグアイのCOVID-19パンデミック対策を支援していきたいと思います。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンクhttps://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2021/04/22/2003756151

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments