ブリンケン米国務長官:新型コロナウイルスの起源を徹底的に調査、台湾の自衛力を確保、CCP政権のジェノサイドに断固反対

【日本东京方舟农场】 作者:小李在大阪 校正:文拓

    ブリンケン米国務長官は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックについて、中国が初期の段階でから状況を知っていたにもかかわらず、直ちに国際専門家の派遣を受け入れず、直ちに情報共有せず、情報の透明性を確保しなかった結果、ワクチンの開発やウイルスへの対応に出遅れたと指摘した。本来回避できる結果だが、結局、より深刻な結果をもたらした。再発防止に務めるためには、一体何が起きたか、徹底的に究明する必要がある。そのため、ウイルスの起源を徹底的に調査しなければならない。

 また、台湾情勢について、ブリンケン国務長官は、本当に懸念されるのは、CCPが台湾に対し、絶えず攻撃的な行動を強め,台湾海峡の緊張を高めていることだと述べ、数年前に可決された超党派法案、つまり、台湾関係法に基づき、米国には台湾の自衛力を確保する責務があり、西太平洋の平和と安全を維持する責務があるとの認識を示し、中共国が武力によって、現実を変えようとするのは深刻な過ちだと語った。

    最後に、新疆ウイグル人に対するCCPの「ジェノサイド」について、米企業がCCPによるウイグル人を含む人々への人権侵害に加担しないようにすること、新疆や他の地域で製造された製品を輸入しないことを確保することなど、米国が具体的な措置を講じる必要があると述べ、悪質な人権侵害、特にCCPのジェノサイドに断固反対すると結論付けた。

注:本文仅代表作者

参考链接:https://gtv.org/video/id=607ae2a48616c84f0ff058e7

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments