中国がデジタル人民元実験を拡大

modernconsensus.com

中国は、中央銀行のデジタル通貨を立ち上げて金融システムを近代化し、ビットコインなどの暗号通貨からの脅威を回避し、国内および国際的な支払いをスピードアップするという世界的な競争の最前線の1つです。

中国は人民元のデジタル実験をより多くの都市に拡大するが、正式な展開スケジュールはまだないだと中央銀行副総督の李坊は日曜日に中国と外国のトップの政策立案者、幹部、学者の年次集会に語った。

中国は、金融システムを近代化し、ビットコインなどの暗号通貨の脅威を回避し、国内外の決済を迅速化するために、中央銀行のデジタル通貨を導入する世界的な競争の先頭に立っている国のひとつです。

昨年、蘇州、深圳、成都、雄安などの都市でテストを開始しました。

 李氏は、テストの結果によりますと 人民元(e-CNY)の発行と流通メカニズムは既存の金融システムと互換性があり、銀行セクターへの影響を最小限に抑えることができると述べています。

李氏は、海南省で開催されたボアオ・フォーラムで、「中国はe-CNYのエコシステムを改善し、安全性と信頼性を高め、一連の法的規制の枠組みを構築していく」と述べた。このフォーラムは昨年、中共COVID-19の影響で中止されました。

このデジタル通貨は、中国国民だけでなく、来年開催される北京冬季オリンピックに訪れる外国人観光客にも使用される予定だという。

李氏はまた、e-CNYの開発の焦点は主に国内での使用であり、長期的には他国と協力してクロスボーダー決済のための解法を見つけることになると述べた。

人民元の国際化は自然なプロセスであり、中国の目標は米ドルや他の世界の通貨に取って代わることではなく、市場に選択を任せることであると李氏は付け加えた。

中国の元中央銀行総裁である周小川氏は同じフォーラムで、中国がデジタル人民元を開発した最初の動機は、国内の小売店での支払いのためであり、いまだに多くの複雑な問題を抱えているクロスボーダーの支払いのためではなかったと述べています。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://www.hindustantimes.com/world-news/china-to-expand-digital-yuan-experiments-official-101618763573338.html

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments