コロナウイルス問題における中共国の責任追及については明言を避けたが、WHOの報告書の作成には疑問視

バイデン政府のブリンケン国務長官は、コロナウイルスによる世界中にもたらしている被害に対して、中共国の責任を追及するべきかについて、明確な答えを避けた、代わりにWHO報告書の作成方法に疑念を抱く態度を示した。過去に対する責任追及より次のパンデミックに備える為、WHOが透明性のあるシステムを構築する事はより重要であろうと強調した

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments