ビルゲイツは「ウイルスが実験室から由来していることを示す証拠が増加しており、真相を徹底的に究明しなければ、疫病は50年も続くことになる」と述べた

【日本东京方舟农场】 記事編集:kikkou文郎   校正:风花雪月

 ビルゲイツは「先ず、ウイルスの起源を依然と疑問視する人も未だ存在する。その一人はハーバード、マサチューセッツのボイド研究所の分子生物学者Alina Chanだ。彼女はコロナウイルスの異常な点に気がついた。ウイルスの遺伝子配列は、1兆回の複製を経ても、時間の経過とともに大きく変化しない、これは不可解なこと思う」

 更にビルゲイツは、「通常動物から人に感染するウイルスは、人間の宿主に迅速に適応しなければならない。2003年のSARSがそうであった。初期のSARSは、ウイルスが大流行した後期に比べ、大きく異なっている。しかし、新型コロナウイルスの症状はそうではない。実際には、ヒトとヒト感染の為に、カスタマイズされているように見える、Chanは彼女の発見を論文に発表した時、Peter Daszakは、彼の話を聞いていた全ての記者に向けて、彼女の言論に反発をした。彼女の結論は“デタラメな陰謀論だ”と言っている。多くのメディアが風評を追って報道した後、その話はすぐに変わった。」

 「勿論、同じことが中国のウイルス学者の閻麗夢博士にも起こっている。我々は、以前番組で彼女と対談した事がある。閻博士は疫病の初期に武漢で仕事をしたことがある。しかし、米国のメディアは彼女が狂人と見なし、相手にせず、彼女は陰謀論者だと言った。ここには何も見るに値しない。出ていけ!クレイジーな中国女性。しかし、これからはこのストーリーを隠蔽するのは難しいかもしれない。日曜日には、前米国CDCセンターのロバート・リードフィールド主任がCNNに話した。彼が得た情報によると、ウイルスは武漢実験室が発生源である可能性が高いと信じている」と述べた。

 (ゲイツさん、無党派の国家安全保障担当者は、ウイルスの発生源をどう捉えていると考えますか?)との疑問に対して、ビルゲイツは「このウイルスの大流行は、自然に発生したものではないことは明らかだ。実験室が発生源である証拠が益々増えているのは明らかだ。しかも、動物、例えばコウモリから人へ感染する訳ではない。武漢ウイルス研究所は、解放軍の秘密研究に関与していたことを否定した。中国はこれらの実験室で、大規模な生物兵器プロジェクトを進めてきた。しかし、誰も彼らにここでの関連活動を開示させるための措置をとったことはない。特定の種族に対する事が可能な生物兵器を含め、ますます多くの科学者がここの問題に気づき始めた。レイドフィールド博士と複数のフランスの科学者も含め、 “裸の皇帝だ”と彼らは叫んだ。これは実は中国の戦略的な詐欺行為だ。もし私達が徹底的に調べられなければ、今後50年間、私達は、疫病の大流行の中でもがくことになる」と言い切った。

参考网站:https://gnews.org/zh-hans/

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments