ポンペオ元国務長官は、駐米台湾代表のシャオ・メイチン氏と会談

台灣寶島農場 Amitofu (翻訳:鈴鈴巻)

ポンペオ元米国務長官は3月31日、台湾のシャオ・メイチェン(蕭美琴)駐米代表の招待を受け入れ、元の台湾駐米大使公邸であるツインオークス・ガーデンで会談し、シャオ・メイチェン氏(蕭美琴)は、米台関係に対する米国与野党の台湾支持に感謝の意を表明し、特に、トランプ政権下では、台湾関係法や6つの保証、台湾への武器販売、トランプ政権とバイデン政権の移行期間において、米国と台湾が自由、民主主義、自由市場経済において共通のコアバリューを共有することを確実にする。 ポンペオ氏は、流行が緩和された後、台湾を訪問し、米国と台湾の友好関係の強化について意見交換を行った。

米国と台湾との外交関係が続く期間、ツインオークス・ガーデンは駐米台湾大使の公式官邸でしたが、 1979年にアメリカと台湾が断交して以来、ワシントンの北西部にあるツインオークス・ガーデンは、一般的な社交イベントの場としか使えなくなり、国交がないため、米国の上級政府関係者は、ツインオークス・ガーデンでの交流会にも参加することが出来ない。 ポンペオ氏は退任前に米台間の公式接触制限を解除した。
先日、ポンペオ元米国務長官は、シャオ・メイチン(蕭美琴)台湾駐米代表に元台湾駐米大使の公邸のツインオークス・ガーデンに招待され、国家間の発展に向けて発展する米台関係の高い政治的意味合いを象徴している。3月28日、パラオ共和国のウィップス大統領は、台湾と米国の外交関係が断絶してから43年ぶりに台湾を訪問した米国のジョン・ニー大使を伴って一行を台湾に到着させました。米国は公式関係を通じて台湾との正式な接触ルートを確立し、台湾の国家性を間接的に認めた。この記事はパーソナルステートメント

審核: 鈴鈴巻、zhong
發佈:Little Liu

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments