中国の空母と護衛艦5隻が太平洋に向かう途中で沖縄を通過

yandex

ニューヨーク発–中国の空母「遼寧号」と護衛艦5隻が、太平洋に向けて日本の重要な水路を通過したと、防衛省統合幕僚監部が日曜日に発表した。

統合幕僚監部によると、空母「遼寧号」一行は土曜日の午前8時頃、長崎県の弾正諸島の南西約470kmの地点で目撃された。その後、護衛艦は沖縄本島と宮古島の間にある幅250kmの宮古海峡を通過した。

遼寧号がこの水路を通過する確認されたのは2020年4月以来のことであり、東太平洋での米国とオーストラリアの海軍間の演習の数日後のことでした。

「遼寧」には、「仁海」級ステルス誘導弾駆逐艦1隻、「瀏陽」III級誘導弾駆逐艦2隻、「江凱」IIマルチロール・フリゲート1隻、「扶余」級高速戦闘支援艦1隻が同行しています。

日本側は 駆逐艦JS鈴月、P-1海上哨戒機、P-3C対潜哨戒機を配備し、情報収集と中国船の動きを監視していたと、統合幕僚監部は述べている。

また 統合参謀本部は 中国のY-9軍用輸送機が日曜日に宮古海峡を通過し、日本が空域でジェット戦闘機をスクランブルして対応したと述べた。

これらの動きは、米海軍がインド太平洋地域における日本、インド、オーストラリアの4カ国のパートナーとの協力関係を強化していることを受けたものです。

セオドア・ルーズベルト空母打撃群は、米国防長官ロイド・オースティンによるインド訪問に続いて、3月28日と29日にインド洋でインド海軍および空軍と共同マルチドメイン作戦を実施しました。

空母USSセオドア・ルーズベルト、誘導ミサイル巡洋艦USSバンカーヒル、駆逐艦USSラッセルは、「タイガーシャーク」として知られる第222飛行隊のインドフリゲート艦INSシバリクとインド空軍の航空機と共同で演習を行いました。

米国インド太平洋軍は、共同のマルチドメイン作戦(陸、海、空、宇宙、サイバースペースからの能力の収束)を強化することを強調しており、演習にインド空軍を含めることでその指令が前進します。

米国第7艦隊の旗艦であるUSSブルーリッジは、3月29日に海上自衛隊の駆逐艦こんごうと協力して海上スキルと相互通信能力の組み合わせをテストしました。

「今回の演習の特徴は、ヘリコプター海上戦闘飛行隊12に所属するブルーリッジに搭載された航空機が参加したことであり、ブルーリッジの司令官であるティム・ウェイツ少佐をブルーリッジからコンゴに移動させ、リーダーシップを発揮させたり、船員を訪問したりしました。」

この演習の直後には、東太平洋で米海軍とオーストラリア海軍による2日間の合同演習が行われました。

誘導ミサイル駆逐艦USSジョンフィンとオーストラリアホバート級駆逐艦HMASシドニーは、相互運用性を向上させるために、水曜日と木曜日に南カリフォルニア沖でのグループセイル演習に参加しました。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/Indo-Pacific/Chinese-aircraft-carrier-and-5-ships-pass-Okinawa-on-way-to-Pacific

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments