スエズ運河でのエバーグリーン貨物船の座礁と台湾海峡の重要性

文章作者:台灣寶島農場  一葉一菩提(翻訳:鈴鈴巻)

3月23日(火)、エバーグリーン・マリン社の巨大コンテナ船「チャン・チー」がエジプトのスエズ運河で座礁し、地中海側と紅海側の様々な貨物船を妨害し、100隻以上の船舶の通行を妨げたことで、今後数週間、世界的なコンテナ船の供給不足が深刻化し、今後数週間、欧州の港ではターミナルの混雑が予想され、石油・ガスの貿易にも影響を及ぼす恐れがあります。

3月23日、スエズ運河で何が起こったのか?

Evergreen Changzhi「チャン・チー」は、長さ約400メートル、幅59メートルで、現役最大のコンテナ船の1つです。 3月23日、紅海からスエズ運河に北上した際、河口の南端から6海里の瞬間的な強風に見舞われ、船体がコースを外れ、底を打って運河をほぼ横方向に封鎖した疑いが持たれている。

スエズ運河庁のオサマ・ラビエ長官は、このロングライナーが原因で、ロシアの軍艦を含む少なくとも100隻の船が北上できないという障害が発生したことを明らかにし、当局が待機場所間の交通の流れをできる限り維持する一方で、南行きの船団は影響を受けずに航行していることから、この障害を取り除くための作業を続けていると述べました。

エジプト・スエズ運河の紹介

⦁ 150年以上前に開通した当時は、長さ164キロメートル、深さ8メートルだったが、長年の拡張を経て、現在は長さ193キロメートル、深さ24メートルになっている。
⦁ 1日平均50隻の船が通過するスエズ運河は、国際海上貿易の約10%を担っており、世界で最も交通量の多い水路のひとつです。
⦁ 世界のコンテナ輸送量の30%がスエズ運河を通る。
⦁ 大西洋と太平洋を結ぶ石油、ガス、貨物の重要な輸送ルートとなっています。
⦁ 大西洋とインド洋の間を最も早く横断する地点です。
⦁ 欧州、北米、極東、アジアへのリンク
⦁ 船舶は高い通行料を払っているため、エジプトにとって最も重要な外貨獲得源の一つである。

スエズ運河閉塞による影響

⦁ 航海を迂回しなければならないため、すべてのアイテムの輸送コストが大幅に増加し、リスクも相対的に高くなる。
⦁ 座礁事件への懸念から、国際的な原油価格は2~4%以上上昇しています。
⦁ ヨーロッパや北米、極東やアジアへのリンクに加え、今回たまたまロシアの戦艦が立ち往生しているということは、今後の軍事展開に影響を与え、変化させることを意味している。

台湾海峡の重要性

台湾海峡とスエズ運河は、その商業的・軍事的価値の点で多くの共通点があります。
重要性
⦁ 世界経済の60%(石油や天然ガスなどの重要なエネルギー源を含む)が台湾海峡を通過する。
⦁ 世界のチップメーカーは韓国と台湾にある。
⦁ 台湾海峡は第一列島線バリアの中心点である。

台湾海峡が切断された場合の影響(中国共産党の内海になること)

⦁ 台湾海峡を横断する船舶は、高い通行料を支払う必要があります。 太平洋を航行する場合、船舶は海上の現象リスクが高く、輸送コストと多くのリスク管理が増加します。
⦁ 韓国や日本への石油やエネルギーの供給に深刻な影響を与える
⦁ 南北の民主主義国家間の相互支援を中断し、グローバルビジネスの生計、政治的生態、軍事的態勢を危うくする。

參考資料:
長榮貨輪蘇伊士運河擱淺 你要了解的七件事
文章審核:鈴鈴巻、zhong
文章發布:Little Liu

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments