CCPに共同対抗する為、バイデンは日、印、豪3カ国のトップとTV会談を開催

米日豪印4カ国所謂「グアッド」のトップ会談を開催する背景には、日々膨張する中国脅威によって、インド太平洋地域における均衡を失いつつある,それについて、軍の司令官又は曾ての軍務担当の将軍は、対応の緊急性・必要性を訴えた。 退役将軍のG.キーエン氏が四カ国のパートナーシップは、インド太平洋地域おけるCCP対抗の基盤であると話した。インド太平洋米軍司令官のデビス海軍将軍は、今週の公聴会で「中国軍は米軍に対して攻撃態勢に切り替えている」と、キーエン将軍は、「これはただの警鐘ではなく、戦時の警報だ。香港が既に陥落し、我々は行動しなければ、次のターゲットは台湾になる」と警告した

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments