ペトロチャイナ、中共が奴隷貿易を行うスーダン政権への資金提供に手助け

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

再び、作家でおられるティーブン・スーク氏に話をお伺いする

彼はこの業界に長く、「資本覚醒のリスク」をよくご存じ 

実際、彼はこれに関する本も書かれた

前は、ブラックストーン・グループとラリー·フィンク氏、どのようにペトロチャイナに投資したかについて話した

この話の続きをしよう、スティーブンさん

すでに申し上げたように、ペトロチャイナはかつて世界最大の会社だった

世界最大の石油会社だった

中共国の国有石油会社はある問題を抱えていた

これらの問題は2000年にフランク·ガフニーとロジャー·ロビンソンと一緒に研究したことがある

ペトロチャイナと中共国の国有石油会社は現代の奴隷貿易を行うスーダン政権に財政援助していた

ハルツームで奴隷を捕まえ、競売にかけ、売り渡した

ペトロチャイナは、当政権を支援したため制裁を科された会社だ

だが、ラリー・フィンク氏、背徳の恥さらし

彼の会社は長い間ペトロチャイナの筆頭株主だった

今はそうではないと信じているが、過去何年も彼そうだった

まだ完全に目を覚ましていないようだね

つまり彼らは本当に目を覚ましていないね

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0328J194fd

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments