【20210321~0323】ニュースレビュー

文章作者:台灣寶島準農場    新聞組摘要(翻訳:鈴鈴巻)

(表紙アートワーク制作:台灣寶島準農場Cute panda)

國際ニュース

  1. 米中協議についてのマイク・ポンペオ元米国務長官の見解は、バイデン政権は「中国共産党が利益を得るために協議を遅延戦術として利用している」ことを認識する必要があり、中国共産党の性質を真に理解するには、彼らの発言に基づくのではなく、彼らの行動に基づく必要があるというものだ。(2021/03/21大紀元)

コメント:共産党の本質は、虚偽、欺瞞、暴力で支配する。彼らの行動を調べれば、真の事実が明らかになるということだ。 ますます多くの事実が、共産党が国際問題におけるコミュニケーションの規範を無視し、既存の国際秩序を破壊していることを示しており、国際社会は共産党政権と世界との関係を再検討する必要に迫られている。

  1. 「北朝鮮がマレーシアとの外交関係を終了」。 マレーシアは、北朝鮮のマネーロンダリングの共犯者を、裁判のために米国に引き渡したと報じられ、北朝鮮大使館顧問は、これは北朝鮮に対するヘイトアクションとみなし、19日に国交断絶を発表しました。(2021/03/21自由時報)
  2. オハイオ州選出のロブ・ポートマン上院議員(共和党)は、今週、米国とメキシコの国境を訪れ、いかに多くの人々が不法に渡っているかを目の当たりにし、バイデン政権に不法移民問題への取り組みを求めました。(2021/03/21大紀元)
  3. アラスカでの米中外交交渉後、ポンペオ氏(Pompeo)はFOX Newsでバイデン政権が中国共産党に対して弱い態度をとっていると批判した。ブリンカーンは、楊潔チが米国の人権(ブラック問題)を非難したことにたいして謝罪し、「中国共産党ウイルス」によって数百万人の命と数十億ドルが失われたことに対する中国共産党の責任を追及せずにした。バイデン政権がイランの扱い、パリ気候協定への復帰、世界保健機関への復帰などの弱い行動をとったと、ますます中国共産党が米国をいじめる力を与えると指摘しました。(2021/03/21自由時報)
  4. これまで中台関係を曖昧にしてきた日本が、最近、台湾有事の際に米軍と緊密に連携するという珍しい発言をしました。(2021/03/21大紀元)

コメント:中国共産党の海上警察法によって、日本は台湾が中国共産党に取られたら、日本が危うくなるという危機感と意識を持っています。反撃するには同盟国と団結するしかありませんが、アメリカが実際に具体的な行動を起こしているかどうかが鍵となります。

  1. トランプ前大統領が史上最悪のソーシャルメディアに封鎖され、これから自らのプラットフォームを使ってソーシャルメディアに戻ってくることになり、トランプ陣営のアドバイザーを務めたミラー氏は、ゲームを完全に再定義することになり、誰もが注目することになると語っています。(2021/03/22自由時報)

コメント:アメリカのハイテク巨人と中国共産党の共謀により、人気者のトランプ氏を政治界からの撤退させた。この衝撃的な教訓により、今度、トランプ氏の復帰がより政治的に高く、知的になると思います。

  1. 「ビルマのクーデター」2月1日の軍事クーデター以来、250人が死亡し、2,600人以上が逮捕された。軍隊はデモ隊を鎮圧するために発砲し、戦場の様相を発し、ワチェン各地で深夜に機関銃声が聞こえた。(2021/03/22中央社)
  2. オーストラリア東部で発生した「100年に一度の洪水」は、連日の異常気象と豪雨の影響を受け、38の地域が深刻な被害を受け、数千人が避難指示を受けています。(2021/03/22自由時報)
  3. 欧州連合(EU)は3月22日、中国共産党による新疆での人権迫害に関するブラックリストを発表し、4人の幹部(朱海侖・元政法委員会書記、王明山・新疆党委員会常務委員、王君正・生産建設兵団政治委員、陳明国・公安部長)と1つの団体(新疆生産建設兵団公安局)が含まれていることを明らかにした。中国共産党に対する制裁は、1989年の天安門事件以来となり、 今回の「制限的」制裁(渡航禁止、資産凍結)は象徴的な意味合いが強い傾向にありますが、中国共産党に対するEUの態度が硬化していることを示しています。(2021/03/21自由時報)
  4. 日米両国は、主に中国共産党が沖合に配備したミサイル「東風21D」に対抗するため、エース兵器の一つである巡航ミサイル「トマホーク」を追加し、インド太平洋地域への配備を強化している。 中国は、台湾海峡などで紛争が発生した場合、米空母が台湾を支援するのを阻止するために、ミサイル「東風21D」を配備しています。(2021/03/23自由時報)
  5. 中国共産党の駐仏大使である盧沙野(ろしゃな)氏がフランス政府関係者を侮辱する無礼な脅迫発言に、フランス朝野党に怒りを巻き起こし、フランス外務大臣は、彼の発言に注意を喚起する意向だ。(2021/03/23大紀元)
  6. EUが中国共産党と交互制裁を交わしたことを受けて、欧州議会が中国・《欧州全面投資協定》(CAI)の見直しを中止する。欧州議会国際貿易委員会のウィンクラー・ギュラ副議長は、「EUは、内部的にも世界的にも、価値観と原則がすべてです」と述べています。 最近、中国共産党は国際的には完全なならず者となっており、各国が中国共産党への反発も強くなっています。(2021/03/23大紀元)

中共ニュース(中国CCP)

  1. 「ワクチン外交」中国のコクシンワクチン(科興)の効率性が問われており、今年2月からのコクシンワクチン(科興)大量接種後、チリでの確定症例数は減少するどころか増加しています。(2021/03/21自由時報)
  2. 米中アラスカ会談後、楊潔篪氏が「台湾は中国の領土」と発言したことに対し、台湾の大陸事務弁公室と外交部は3月21日、「事実ではない」と糾弾した。 3/22、中国共産党の台湾事務弁公室が再び「台湾は中国に属する」と宣言したことで、微博Weibo上の中国ネットユーザーからは「実際に台湾が独立してから何年経ったのか? それは聞き飽きただ!」と 、この主張を支持していないとコメントしています。(2021/03/21自由時報)

台灣ニュース

  1. 国民党の各陣営は党首を争い、元老の王金平は、現在の国民党の財政問題を解決できる必要があると答えた。(2021/03/22大紀元)

コメント:そもそも国民党は金持ちだったのに、党の主要メンバーである権力者や富裕層に利益を分配させて富ませ、最後は利益のために中国共産党と結託して台湾までを売ろうとする。国民党の本質が変わらなければ、誰が党首になっても、本当に台湾を愛する国民の賛同を得ることはできず、必然的に衰退していくことになるでしょう。

  1. 「AZワクチン接種の第一波」本日、台東の医療従事者271名に接種され、医師による評価の後、馬偕病院(Ma Chai)の医療従事者10名が中心となって接種する予定です。(2021/03/22自由時報)
  2. F-5E戦闘機4機のうち2機が訓練任務のために台東を離陸し、そのうち2機が空中で衝突した疑いがあるという。(2021/03/22大紀元)
  3. パラグアイ外務省は、中国のワクチンメーカーが、ワクチン入手の条件として台湾との国交を断絶することで、パラグアイの外交を妨害しようとしていると指摘しました。 3月17日、メディアは、台湾がパラグアイに新冠ワクチンを贈ると報じたことにより、台湾外交部ラテンアメリカ長官の俞大㵢は、メディアが報道したデータに混乱があり、台湾がAZからワクチンを購入することと、パラグアイがAZにワクチンについて商談をするという関係のない問題ですが、両者は誤って結びつけられています。 ワクチンを政治的操作の道具にしてはならない。(2021/03/23大紀元)

疫病(ウイルス関連)

  1. AFP通信によると、米国の世論調査では、共和党支持者の41%もがワクチン投与に消極的であり、昨年の選挙では、主流メディアがトランプ氏を傷つけていたという認識があり、メディアや政府への不信感やワクチンの副作用のリスクへの警戒感がワクチン投与拒否の要因になっているという。(2021/03/21自由時報)
  2. 米国のサイバーセキュリティ企業が本日発表したレポートによると、ダークウェブでは、本物か偽物かわからないAZワクチンやジョンソンワクチンが販売されており、米国政府は偽物のワクチンの証拠として使われないよう、市民のプライバシーを守るよう警告しています。(2021/03/23自由時報)

文章審核:鈴鈴巻、zhong

文章發布:Little Liu

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments