新しい電子メールは WHO / NIHが中国の守秘義務条項に準拠していることを詳しく記載されています

medicalxpress.com

アメリカの保守的な活動家グループJudicial Watchは本日、米国保健社会福祉省から、Anthony Fauci博士とH.Clifford Lane博士の301ページの電子メールとその他の記録を受け取ったと発表しました。 国立衛生研究所(NIH)の職員が中共の条件に基づいて機密フォームを作成し、世界保健機関(WHO)が2020年1月に未発表の「厳密に機密」のCOVID-19疫学的分析を実施したことを示しました。

さらに、この電子メールは、独立した記者が、中共が不一致COVID番号をNIHの国立アレルギー感染症研究所に提供したことを指摘したことを明らかにしました。

新しい電子メールには、2020年2月14〜15日にClifford Lane博士とWHOテクニカルオフィサーMansuk Daniel Hanの間で機密保持フォームに関する会話が含まれています。Han氏は、「今回のフォームは中国の規約に合わせて調整されているため、以前のフォームを使用することはできません。」と書いました。

2020年2月13日に中国・武漢で調査へNIH職員に送られたWHOブリーフィングパッケージは、当局が中国との合意が得られるまで情報を共有するのを待つように求めました:「重要:中国との通信に合意するまでは、これを機密情報として扱い、公開通信には使用しないでください。」

2020年1月20日の電子メールで、WHOの関係者は、その月の月初にCOVID-19について行った疫学的分析について説明し、レポートは「厳密に機密」であり、感染の危険性に関する戦略的および技術的諮問グループ(STAG-IH)のみに使用されると指摘しました。および「これ以上広めるべきではない」。

2020年3月4日に中国のジャーナリストZeng JiaからLaneへの電子メールで、中共Caixin Mediaの記者は、Fauci代理 Cliff Laneに、「WHOに報告された症例数と中国武漢市保健委員会に報告された数と不一致」と指摘された:

[WHOレポートの6ページには、2019年12月2日に武漢で少なくとも1つの臨床的に診断されたコロナウイルスの症例があったと書かれています。 そして1月11日から17日まで、武漢では毎日新しい臨床的に診断され確認された症例がありましたが、これは武漢公衆衛生委員会の数と一致していません。」

2020年2月15日の電子メールで、中国のWHOオフィスの責任者Gauden Galeaは、WHO共同ミッションメンバーに、中国でのすべての活動は中国政府の国家保健委員会によって手配されることを通知しました。

「これらの電子メールは、コロナウイルスの発生の初期のトーンを設定します。明らかに、WHOは中国が最初から情報の流れを制御することを許可しました。真の透明性は非常に重要です」と、Daily Caller News Foundationの編集長Ethan Barton氏は述べました。

Judicial Watchの社長Tom Fittonは、「これらの新しい電子メールは、中国共産党がCOVID-19情報を管理するためにWHOとFauciのNIHが特別な対応を行ったことを示している」と述べました。

この前、Judicial WatchとDCNFは、世界保健機関からのプレスリリースを示した電子メールを発見しました。これは、Fauci博士によって承認され、「特に」中国のCOVID-19応答をサポートしています。

9月22日、米国地方裁判所のDabney L. Friedrich裁判官は、HHSにレスポンシブレコードの処理を開始するよう命じました。 9月21日の法廷文書で、HHSは、当局が11月30日からDCNFに対して300ページの回答記録を作成すると述べた。応答レコードの総数は約4,200であり、少なくとも2022年までレコードの完全なリリースが遅れます。HHSはまた、Fauciは 各電子メールがリリースされる前に個人的に確認する必要があると主張しました。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 奥法

参考リンク:

https://www.judicialwatch.org/press-releases/emails-who-terms/

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments