独占情報:精査範囲が拡大するため テンセント(Tencent)ボスが中国の独占禁止法当局と面会

okaytravel.ru

(ロイター)-中国最大のソーシャルメディアおよびビデオゲーム会社であるテンセント・ホールディングス(TencentHoldings)の創業者馬化騰さんは今月、独占禁止法の監視当局と会い、彼のグループにおけるコンプライアンスについて話し合ったと、この問題を直接知っている3人が語った。

今回の会議は、昨年末に億万長者の馬雲が率いるアリババ企業に始まった中国の前例のない独占禁止法違反の取り締まりが、近いうちに他のインターネット企業も対象になることを示す最も具体的な兆候です。

中国政府は、世界最大級の規模と価値を誇るハイテク企業に対する監視を強化することを宣言しており、その理由として、これらの企業が市場勢力を築き上げて競争を阻害したり、消費者データを悪用したり、消費者の権利を侵害したりしていることを挙げています。

テンセントは(Tencent)、メッセージングと決済のモバイルアプリ「WeChat」を提供しており、中国国内で広く普及していることから、独占禁止法の規制当局からの厳しい追及を受けることが予想されています。

この会議のニュースはこれまで報じられていませんでしたが、水曜日に発表されたテンセントの12月の四半期決算に先立って発表されたもので、ゲーム収入の急増に助けられて四半期利益が予想を上回る175%増となりました。

馬氏は、決算発表後の記者会見で、過去の投資案件の精査を含め、コンプライアンスに関して規制当局と「積極的に取り組んでいる」と述べました。また、今回の会議については言及しませんでした。

テンセント(Tencen)社のマーティン・ラウ社長は、同社と独禁法監視当局とのやりとりは通常の業務の一環であると述べています。

「我々テンセントは、定期的に規制当局との会議を行っており、今回の会議もその一つです」とラウ氏は述べています。

「会議では、幅広いテーマについて話し合いましたが、実際には、イノベーションのための健全な環境を作ることに主眼が置かれていました」と述べています。

メディアのインタビューにはめったに応じず、1年以上も表舞台から遠ざかっていた馬氏は、今月、中国の年次議会に出席するために北京を訪れ、先々週には国家市場規制管理局(SAMR)のオフィスを訪問した、と関係者は語っています。

今月テンセントの創業者馬氏は740億ドルの財産で中国第2位にランクインした 同社の本社がある広東省の議員を務めている。

テンセントは、SAMR社の副社長であるGan Lin氏やその他の高官との面会を要求したと、3人は述べています。

テンセントとSAMRは、ロイターのコメント要求に応じなかった。

会談では、テンセントが独占禁止法の規則をよりよく遵守する方法について話し合われた。

会合に出席したSAMRの反独占局の呉振国局長は、テンセントの一部の商習慣に懸念を示し、独占禁止法の規則を遵守するよう求めたと、2人のうちの1人が述べています。

SAMRは現在 情報を収集しWeChatによる独占的な行為を調査しており、このスーパーアプリが公正な競争を潰し、小規模なライバルを圧迫していないかどうかを調べていると2人の関係者が語った。

以上問題の敏感さのために、すべての情報源は名前を挙げられなかった。

ロイターの報道を受けて、テンセントの株価は香港市場で1.7%も下落し、当日の最低水準に達した。この日の株価は0.8%の下落で終了しました。

是正措置

テンセント社の会長兼CEOでもある馬氏と独禁法担当者との会談は、馬氏が北京で開催された中国の国会でインターネット経済のガバナンス強化を訴えた数日後に行われました。

馬氏の控えめなプロフィールは、無関係なアリババのジャック・マー氏(馬曇)のプロフィールとは対照的です。彼は中国の規制当局を公然と批判したことで、昨年11月、フィンテック関連企業であるアント・グループの370億ドル規模のIPOが直前に中止されるという事態を引き起こしました。

そのうちの1人によりますと、テンセントはSAMRから自社の活動調査について正式な通知を受けていないが、近いうちに規制当局からの連絡があるかもしれないという。

上海に拠点を置くDeBund法律事務所の弁護士であるYou Yunting氏は、馬氏が規制当局と面会したこと「中国の大企業として、テンセントが標的にされることに不安を感じたのは完全に正常なことだ」と述べています。

「テンセントが心配していることは2つあります。事業の集中度の審査が買収案件に影響を与える可能性があることと、市場での支配的地位の乱用に関する調査や訴訟が自社のプラットフォームの優位性を損なう可能性があることです」。

テンセントは、自社に対する潜在的な動きの影響を和らげるために、是正措置をとるべく奔走しています。

ロイター通信が火曜日に報じたところによりますと、テンセントは、独占禁止法上の懸念を解消するために、国内トップ2のビデオゲーム・ライブストリーミング・サイトを統合する計画において、譲歩案を提示しなければならない状況にあります。

また、別の取引として、地元のゲーム会社である浙江世紀華通集団の株式を5%保有していたテンセントは、さらに10%の株式を購入する予定だったと、関係者の1人と直接の情報を持つ別の人物が語っています。これにより、テンセントは筆頭株主になる

しかし、今月初め、テンセントは世紀華通の株式を5%取得し、代わりに第2位の株主となった。これは、長引く可能性のある複雑な独占禁止法の承認プロセスを避けるためであると、2人の関係者は述べている。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://www.reuters.com/article/us-china-tech-antitrust-tencent-exclusiv/exclusive-tencent-boss-meets-china-antitrust-officials-as-scrutiny-widens-sources-idUSKBN2BG09L

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments