中国共産党の生物化学兵器は ジュネーブ協定に違反

台灣寶島准農場 Amitofu(翻訳:鈴鈴巻)

スイス連邦委員会は3月19日に発表した「中国戦略」で、スイスのカシス外相は、中国共産党の将来の外交戦略について、香港民主制度の漸進的な制限、新疆強制収容所での大量虐殺など、少数民族の人権侵害に対する立場がより強硬になるだろうとし、人権問題が外交部の専任任務ではなく、政府全体の役割であることを強調し、中国共産軍にスイス軍企業が香港警察に弾薬を提供して香港住民を害しないことを明確にした。この戦略文書は、知的財産権と二国間自由貿易協定のほかに貿易·投資·教育研究·観光業などの分野での関係を取り上げている。さらに重要なのは、スイス政府は特に中国共産国とスイスの価値観や制度の違いを言及し、スイス政府の「国際ジュネーブ」が核心的な役割を果たすことを強調し、このような分野が全方位のスイス戦略の一部になるという点です。

化学兵器と生物兵器の使用禁止を国際法に公認された準則である


1925年、国際社会は化学兵器の使用禁止と明示した。1925年6月17日当時の「国際連盟」がジュネーブで開催した「武器・兵器・戦争手段の規制に関する国際会議」で採択された「ジュネーブ議定書」は、有毒兵器禁止の慣例と条約を具体化し、化学兵器と生物兵器の使用禁止を国際法に公認されたガイドラインとして確定した。[戦争中に窒息性、毒性、その他のガス及び類似の液体、物質又は装備の使用を禁止し、また、各締約国は戦闘中に細菌の使用を禁止することに同意した]1928年2月8日から効力を発生させて今日に至る。スイスの恒久中立国の地位で、スイス政府の「ジュネーブ」は、単に国際連盟に対する影響力だけでなく、国連欧州本部、世界貿易機関WTO、赤十字社、欧州原子力総局などの国際機関が、中共生化ウイルス(CCP)によって、1925年のジュネーブ枠組み合意で使われたガスや生物兵器の使用に重大な違反をしていると筆者は考える。スイスは国際連盟と協力し、中共生化ウイルスの反人倫犯罪と新疆人種虐殺罪に対する具体的な制裁措置を講じる。具体的な制裁措置にはもちろん、中国共産主義者たちがスイスの銀行に預けている大金も含めてだ。

ジュネーブ条約は1949年8月12日、ジュネーブで新たに締結された4つの基本的国際人道法を網羅し、国際法上の人道主義の基準を定めた。主に戦争被害者、戦争捕虜、戦時民間人の待遇に関するものだ。これは1899年と1907年のハーグ条約に盛り込まれた兵器の使用や1925年のジュネーブ枠組み合意でのガスや生物兵器の使用には影響がない。中国共産党のウルフウォリアー外交駐スイス大使館の報道官は21日、新疆の大虐殺などを批判する[これらの発言は基本的な事実から逸脱しており、中・スイス関係の健全な発展に資するものではない]。中国共産党は、欧米諸国がトランスナショナルな犯罪組織としての中国共産党の定義について、徐々にコンセンサスを示していくことは明らかです。近い将来は、中国共産党の羊皮をかぶった羊たちが自害(自害)を食って羊鍋になるだろうと信じている。本文は個人の立場だけを代表する 。
万仏万神加持文貴先生と新中国連邦の各戦友がいつも法輪を転回することを祈願する

審核: 鈴鈴巻、zhong
發佈:Little Liu

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments