大規模のワクチン接種はコロナの免疫回避に至る

【日本东京方舟农场】記事編集:风花雪月 校正:ReuHaru(黎明)

私達は、人類の生存危機を迎える時期に直面せざるを得ないことになってきました。その原因は、何とワクチンの大規模接種のよるコロナウイルスの変異なのです。

ウイルスは宿主内で生き延びる為、宿主の免疫システムを回避する機構を形成していく進化能力を有しています。これは、ワクチンの大量接種という選択圧により加速され生成されます。言い換えると、コロナウイルスは凄まじい変異を起こし、ワクチンに含まれる抗体の免疫反応だけでは防御不能というという事態になります。通常は、外部環境から来るストレス(選択圧)がない状態では、ウイルスは選別の為に変異を生じません。それに対し大量に接触すると、外部環境から来るストレス(選択圧)が生じ、ウイルスが目的を持って変異を起こし、選別できるようになるわけです。

私達はずっと科学者や衛生部門にコロナの免疫回避について議論の依頼をしましたが、無視し続けていました。免疫システム回避現象はS蛋白だけではなく、他の部位にも拡大しているという報告もありました。

参考链接:https://gtv.org/video/id=60575f53d1608d609ea69f31

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments