南カリフォルニアの医師ブライアン・タイソン氏が語る中共ウイルスワクチンの副作用

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

ワクチン接種者はどんな副作用があるのか?

一つ目は、死亡だ

二つ目は、重度インフルエンザのような症状を示す

中共ウイルスに感染するのと同じ

下痢、嘔吐、脱水症状

これらは、我々が救急外来で目にした重篤な症状だ

あとは、重度の筋肉痛がある

全て想定範囲内だ

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックの症例数は通常よりもはるかに高い

グリーン・バレー症候群も、我々が見たもう一つの症状だ

アナフィラキシーショック?

アナフィラキシーショックは、ご存知のように

ワクチンの典型的な副作用である

しかし、逆にいうと、大半のワクチン接種において

非常にまれなケースだ

おおよそ50万分の1という確率

中共ウイルスワクチン接種では若干高い値を示している

ベル麻痺(顔面麻痺の一種)は、何らかの理由で

ワクチン接種者に多く発症しているようだ

他のワクチンと異なり、もう一つ

私と多くの医師がやや懸念をしている点がある

接種対象者の腕にリンパ節腫脹が見られること

そこで、マンモグラフィを撮った女性には

異常を示したフィルムには腫れがなかった

これは一つの問題だ

もしかして、ワクチンで彼女たちを肥満と性的無関心にしたか

メッセンジャーRNAワクチンということで

ヘルペスウイルスと比較できないか、注目している

もしヘルペスウイルスに感染すると

将来的にはリンパ癌のリスクは高くなるのか

こうしたリスクを引き起すか否か、いかに知るか

確実だと言い切れないが

疑問を呈する必要がある

大きなリンパ節の腫れか何かが発見した場合

憂慮すべきサインだ

全ての医師が注意必要だ

そして、長年のフォローアップが必要

本当に安全なのか、危険なのか観察を要する

全ての医師が問うべき問題だ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0324J161fd

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments