王林発氏は人工的に中共ウイルス作製を認めた

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

バットマンとして知られる、デューク大学のシンガポール医学プログラムの世界的に有名な科学者である王林発氏は武漢ウイルス研究所と緊密に協力していた

彼は武漢がロックダウンされる少し前にそこにいた

我々が異なることをたくさんしてきた

まず、新しいウイルスを発見することだ

コウモリから生きたウイルスを取り出すのは非常に困難でその結果、我々が得たのはシーケンスだ

シーケンスはウイルスではないだろう

その後、ウイルスの培養を試み、逆遺伝学の研究を試みた

だから逆継承…普通の視聴者にとって、かなり怖いのだ

人為的にウイルスを作ろうとしているのだ

はい、そうした

なぜそれをするのか?

ウイルスを少し変異させて感染性や病原性が高まるかどうかを確認したいからだ

それで研究することができるのだ

しかし、人々は引き継ぎ疑問を抱いている

ご存知のように、武漢はコウモリコロナウイルス研究で世界をリードする研究所だ

今回のコロナ禍を引き起こしたコウモリコロナウイルスは武漢で発生した

これは偶然過ぎると思われないか?

ええ、つまり

だから最初の数日間は眠れなかった

繰り返しになるが、この確率は非常に低いである

我々は科学者であり専門家だ

もしかしたら、私の知らない生きたウイルスが冷凍庫にあるかもしれないのか?

その確率はゼロだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0323J151fd

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments