共産党の空母「遼寧」はインド太平洋地域への象徴な脅威

台灣寶島准農場 Amitofu (翻訳:鈴鈴巻)

アセンブル遼寧號空母の前身
アセンブル遼寧號空母は、1988年12月に旧ソ連海軍が建造した空母「リガ」の前身であり、ソ連の崩壊から7年が経ち、ウクライナの造船所に長期置かれて錆びたワリャンガーは、ウクライナ政府が空母を軍事目的に使用できないと規定していたので、中国共産党は、旧広州軍区の徐增平(Xu Zhengping)香港の商人として、世界最大のオフショアカジノホテルに空母を変換し、2000万ドルで競売にかけられることを望んだとウクライナ政府に語った。2002年にタグボートが大連に引きずり込んだ後、改装工事が行われたが、当時、調達に関わった将校の中には、失馬した者もいたが、一部は執行猶予判決を受け、船の購入費用さえ完全に徐增平(Xu Zhengping)に支払わなかった。当時の遼寧號空母は未完成のソ連の空母で、海軍の装備技術、電気戦システム、偵察システム、動力システムの設計内容は、主に米国の主要技術を盗み、2012年に中国共産党によって「遼寧號」と改名された。

美聯社


遼寧艦は中国共産党海軍の外交手段
「遼寧」の空母はウクライナ製のTB-12型蒸気タービン4基とボイラー8基、合計147MWの出力を持ち、重油を使用した燃料消費量の多い燃焼機関であるのに対し、「米」の空母は194MWの原子力を使用しています。
アメリカやフランスの先進的な空母は、航空機の発射システムに蒸気カタパルトを採用していますが、遼寧の発射システムは旧式のスライディングデッキを採用していました。米空母の打ち上げは、最大離陸重量が10万ポンドであるのに対し、遼寧は6万ポンド。 米海軍の空母艦隊で最も洗練されているのは、実際に攻撃を行う能力の鍵となる複雑な空中機システムです。 米海軍は、遼寧の空母パイロット、指揮官、ロジスティックの訓練は米海軍のそれに比べて不足していると考えている。
米国の軍事専門家によれば、遼寧号は中国共産党海軍の外交手段ともいえる。
中国のハッカーがGPS測位AISシステムの電子戦装置に侵入
筆者は、昨年4月9日、中国漁船が自動識別装置(AIS)の信号を偽って、台湾の南西海域に「遼寧湖16号」という船舶が存在することを示し、中国海軍の艦艇が台湾を攪乱・威嚇しているというグレーゾーンを作り出し、紛争海域で銃撃戦が発生する危険性を狙ったことを記憶している。

国際水域における偽装AIS信号の多くの国は、中国、イラン、北朝鮮、ベネズエラなどの禁輸国が、国際的に禁輸されている兵器を密輸する船舶の実際の位置を隠すために、AISシステムのソフトウェアをハッキングしてAIS信号を偽装し、追跡や制裁を逃れるために使用されています。
中国海軍はハッカーを使ってGPS測位AISシステムの電子戦装置にまで侵入しており、インド太平洋の近隣諸国は中国の軍艦が南シナ海の係争海域に侵入する脅威にさらされている。 南シナ海の近隣諸国の岩礁に挑戦する中国の戦略は、大きな衝突と小さな行動の連続的な嫌がらせを作り出すことであり、2012年にフィリピンから黄岩島の獲得に成功し、スプラトリー諸島の永夏礁、竹鼻礁、明治礁が拡大し続けるなど、近隣諸国の海洋安全保障を繰り返し挑発しているため、現在では多くの航空機軍事基地が岩礁上に建設されている。この記事は個人の立場を表したものです。
審核:鈴鈴巻、zhong
發佈:Little Liu

+2
1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
Kaikai
20 days ago

加油💪👍🙏

0